転職活動では、納得のいく転職の理由をはっきりさせることで勝敗を分ける

転職活動で外せない重要ポイント

応募先が見つかり面接まで進んだ場合、選考先では必ず、退職に至った理由を聞いてきます。先方が辞めた理由を聞いたときに、素直に納得できる理由をあらかじめ用意しておくことは、面接を通るためにも、最低限の下準備になります。

退職理由を聞かれる理由

退職に至った理由を知りたいという基本的なことは変わりありません。さらに、退職理由を聞くのは、行き詰らずに、すぐに普通に応えられるかと、常識と社会性のある理由を述べられるどうかも見ていることがあります。

 

退職した理由はこう答える

人間関係が理由であれば、人間関係がイヤでした。だと採用が難しくなります。うちでも嫌な人間がいたら辞めるのですね。と思われるので、場合によっては大胆に理由をすり替えることも転職先を勝ち取るためには必要になります。たとえば、家族や近しい身内が体調を崩したことによる病院の送り迎えや付添いが、事実としてあったのなら、そちらの理由を選択するということで良いのです。結果的にそういうことが原因となり、人間関係の悪化になったのであれば、元の理由を述べることで、先方に悪い印象を与えることがなくなります。退職の理由は、言葉を削り誰もが納得できる大人の回答をすれば、相手も大人の振る舞いをする面接に進めてくれることも多いものです。「まぁ、何かあったのだろう」と察してそれ以上は聞かず、圧迫面接も避けることに成功し、素直な会話のやりとりになる面接に進むケースもたくさんあるので、面接の退職した理由では聞かれたら、堂々と、かつ普通に応えるくらいで良いのです。


Home