転職の成功ポイントは、転職活動する前からの行動にかかっている

転職先の業種の選定が大切な理由

転職をするという結論に至った人は、転職したいと思った大きな理由があったからという経緯が必ずあります。転職は、何度も何度もくりかえしていくうちに、採用が難しくなってしまうことがあります。そうならないためにも、自分が長く勤められる転職先を見つけることは、転職者にとって重要課題になります。

長く勤められる転職先を見つけるコツ

この重要課題をクリアするには、自分が転職をしたいと思った場面や事柄を深く思い返すという作業をすることで、自分に適性のある転職先の業種を見つけることができます。転職に至った原因や転職をしたいという気持ちがわいてきた理由というのは、逆から言えば、自分にその職種が向いていないからこそ悩み、転職活動に至るという経緯があります。転職したい理由が複数あれば、その原因を全てふまえた上でそういった過去の悩みが再燃しないような職種に絞って転職先の業種を絞れば、長く勤められる転職先を見つけることができます。この職種では、転職しなければならないほどの、こういう悩みがあったからこの仕事には適性がないかもしれない、という消去法で選定することが、長く勤められる転職先を見つけるコツです。

 

仕事には適性があったのに転職する場合

適性があるのに辞めた場合では、待遇面の不服から退職ということもあります。こういうケースでは、同じ職種に転職しても問題はありませんが、同じ業界への転職ではすぐに元の職場に噂が行くこともあるので、どんなに不満があっても穏便に退職が無難です。


Home