転職活動はやめる前か後かどちらがよいか

辞めてから探すべきか

転職活動を始めるにあたって、事前に今勤めている会社を辞めてしまう人もいますし、働きながら新たな勤務先を探す人もいます。どちらがよいかは一概には言えませんが、やはり本腰を入れて就職活動をしようという人は辞めてから探し始める人が多いようです。退職後しばらくは失業手当が給付され、自己都合ならば3ヶ月分程度の生活費は手に入ります。その給付されている間に見つかれば問題ないという意見もあります。

退職後ならば自由が大きい

退職してしまえばまず何より自由があります。採用面接で平日の昼間を指定されても他の人と仕事の調整などする必要はありませんし、自由な時間で行動ができます。さらに転職先にもそれだけ転職に対して強い意気込みがあると認識してもらえますので、印象も決して悪いものではありません。

 

それでもやはり安心感が欲しい

しかしいざ転職活動を始めてみるとよくわかりますが、なかなか自分の望む条件に合致する転職先は見つかりにくいものです。そうなるとじわじわと焦りが強くなっていき、むしろ就職活動に悪影響が出てくることと考えられます。むしろ精神的な安心感、支えが必要と思うならば時間的制約を乗り越えてでも働きながら転職先を探すべきかもしれません。


Home