転職に有利は職種と需要とのバランスについて

転職に強い職種とは

不景気の中でも転職に強い職種があります。それは働くにあたって国家資格が必要な専門職です。国家資格を持っている事が前提となりますが資格を所持していれば実務経験がなくても割りとすんなりと転職する事が出来るのが魅力です。しかし国家資格は民間のものと比べ難易度が高めに設定されているのがネックです。

資格がなくても転職に有利な職種

国家資格や民間の資格がなくても人材を欲している業界が営業職と建築(工事)現場作業員です。どちらも実務経験が考慮される職種となり職歴の長さ、仕事に対する認識度の高さなどから転職の有利さが変わります。どちらかの職に就いていた事がある方は積極的にこれらの分野の仕事を探してみると良いでしょう。

 

需要と供給のバランス

需要がある割りに人材が不足している業界の中でも社会問題になっているのが介護職です。こちらは待遇面がかなり厳しく低賃金な為に求人が多く出ているのに働き手が少ないのが実情です。転職の際は就労者の需要と供給のバランスを見る事で待遇の良い職場を見つける事が出来ますので調べてみると良いでしょう。

 

転職は選ばなければ見つける事は意外と容易い

転職は難しいとされていますが働き口を選ばなければ思っているよりも容易く働く事が出来ますので、気負わず自分の設定した賃金などの待遇を考慮しながらじっくり腰を落として考えてみてください。


Home